妊娠できない!もしかして不妊?...といった不安を抱える前に排卵日検査薬

 

結婚してすぐに子供を作ろうとする方もいれば、二人で過ごす時間を大切にしようとする方もいることでしょう。
どちらも大変に有意義な結婚生活ですし、子供がいてもいなくても、家族して大切に想い合える相手がいるということは幸せなことです。
ただ、いざ子供を授かりたいと思うようになった時、その願いが自分の想像通りには叶わなかったとしたら、誰だってショックを受けるものだろうと思います。
排卵日検査薬などを使ってもうまく妊娠に繋がらないとなれば、もっと早く妊活を始めるべきだったと後悔する方もいらっしゃることでしょう。
もしかしたら不妊症?...といった強い不安に煽られる前に、まず考えてみて欲しいこと、知っておいて欲しいことについて、このサイトでは触れていきたいと思います。

 

 

妊娠の確率は低くて当たり前

 

世間には、避妊しなければ普通に妊娠できる...と思っている方は少なくありません。
確かに避妊をしなければ妊娠する確率は上がる訳ですが、かと言って確実に妊娠できるという訳ではないのです。
そもそも妊娠の確率というものは、それ程高いものではありません。
一般的には、健康な男女が排卵日に合わせて普通にセックスをしても、子供を授かる確率は20%〜30%程度だと言われています。
この数字をぱっと目にしただけでも分かるように、妊娠する確率というものは決して高くはないのです。
この数字は累積妊娠率と呼ばれるもので、100組のカップルがいるとすればそのうち一周期目で妊娠するのが大体20%程度、次の周期で妊娠するのも20%程度...という風に数えられるものになります。
この累積妊娠率に対して言えることは、1回で妊娠する確率は高くないけれど、少なくとも繰り返せば高確率で妊娠するだろうというものになりますので、この確率があなた個人の妊娠の確率を表している訳ではありません。
いずれにしてみても人間の妊娠の確率は低いのものであり、新しい生命が誕生するということはそれだけ奇跡的なこと。
誰しもが難の問題もなく自然と叶えられることとは限らないのが、妊娠というものなのです。

 

 

タイミングを間違っている可能性

 

妊娠出来ない理由としては、女性特有の病など身体に何か不安要素を抱えていないのであれば、単純に排卵日検査薬の使い方やタイミングの取り方が間違っているだけということは十分に考えられます。
そもそも最も妊娠しやすいタイミングと言うのは排卵日当日の行為ではなく、排卵日前の行為にあるということはご存知でしょうか?
排卵が始まる前に精子が子宮に到達しており、待ち伏せをしている状態がベストであるということをまず知っておくことが重要です。
このベストタイミングについては、排卵日の2、3日前でも良いと言われています。
これは、1日前や排卵日当日になると精子の到着が遅れてしまい、受精卵を作るタイミングを逃してしまうことが多くなると考えられるためです。
排卵日検査薬は使い慣れており、いつもリズム良く排卵しているという方にとっては、排卵日を狙うばかりに毎回正確にタイミングを逃してしまっている...という可能性も考えられます。
卵子の妊娠に適した時間は排卵後6時間程度をピークにどんどん下がっていく一方、精子は6時間程度置いてからが活発に活動するという特性を持っています。
これはつまり、同時に到着したのでは擦れ違いが生じてしまうということなのです。
もしこの受精しやすいタイミングを間違っていたのかも...といった心当たりのある方は、一度排卵日前のタイミングを見計らってみては如何でしょうか。

 

 

不妊の確率は男女共にある

 

妊娠の確率が低いのは当たり前といっても、子供を望むご夫婦にとって、低いからこそ呑気に構えてなんていられない!といった想いは当然にあるでしょう。
一般的に年齢を重ねるごとに妊娠の確率は下がることは当たり前のことですし、出産も大変なものになっていきます。
だからこそ妊娠できない状況が続くと、自分を責めてしまいたくもなるだろうと思います。
ですが、安易に自分を責める必要はありません。
妊娠できないということは、何も女性にばかり問題があるとは限らないということを忘れないでいて欲しいのです。
実際、男女で不妊の原因を持っている確率はほぼ同等です。
40%程度は女性側、40%程は男性側に、10%程は双方に、そして残り10%程は原因不明であるのが妊娠できない理由として挙げられています。
だからこそ、不妊かもしれない...と思ったら自分を責めるのではなく、まずは冷静に問題点を見出していきましょう。
例えば、身体の健康に対する不安がご夫婦共にないのであれば、タイミング自体がそもそも不完全なだけかもしれません。
生理不順や重い生理痛を持っているようであれば、女性側に何らかの問題があるのかもしれません。
男性で言えば、自分でそのような自覚症状を感じるのは難しいかもしれませんが、EDや射精障害といった目立った症状はなかったとしても、精子の質に問題があるのかもしれません。
いずれにしてみても、不妊かもしれない...と感じるようなことがあっても、不妊の原因を特定するのは非常に難しいことです。
早めに医師に相談することはもちろんのこと、精液検査やもう少し質の良い排卵日検査薬を使用してみるのもいい機会となるかもしれません。
妊娠や不妊症はご夫婦二人の問題であり、どちらか片方だけが抱え込むようなことではあありません。
ご自分やパートナーも責めることはせず、フラットな気持ちで冷静に原因を見極められるよう行動していきましょう。

 

 

嘆くより今出来ることを知り行動する

 

子供を授かりたいと思った時、なかなか妊娠できず不妊かもしれない...といった不安を抱えるのは無理のないことですが、子供を授かるために自分にできることは沢山あるものです。
例えばもし、不妊治療と言うことになった場合には、体力に加えて精神力、そして経済力も重要になるでしょう。
それらのどれかひとつが欠けても、またご夫婦のどちらか一方でも欠けると治療を続けることは困難となってしまいます。
こんなことを言ってしまうとプレッシャーになってしまうのかもしれませんが、もしものために備えておくことも大変有意義なことです。
何より最初に行うべきことは行為のタイミングを見直すこと、必要性を感じられれば病院での検査を行うこと、日頃の運動や食事など生活習慣を見直すことも必要になるでしょう。
まずは身近なこと、今すぐにでも始められることから改めてみてください。
当然ながら、年齢やご自分の身体の状態とも相談しつつ、早めに高度不妊治療の検討をするといった選択肢もあるでしょう。
でも単に、妊娠しなくて何となく不安という段階であれば、改善の可能性は無限に広がっています。
そもそも妊娠する確率は低いということを大前提として頭に置き、子供ができないことを嘆くよりも、子供ができるようにするために今から始められることにしっかりと目を向けてみてください。

更新履歴